2017年7月26日水曜日

油を控えるのではなく、油を選ぶ ホンモノの予防医学

油を控えるのではなく、油を選ぶ



著名な方や一流アスリートの健康管理もしております山田豊文先生の記事です。
「健康のエキスパートが伝える、ホンモノの予防医学」

油を控えるのではなく、油を選ぶ - 人を治す油と人を殺す油 -

月刊誌『ザ・フナイ』2017-8月号人を治す油と人を殺す油
◆書名:月刊誌『ザ・フナイ』2017-8月号(vol.118)

ザ・フナイ出版社サイト公式
カリスマ・コンサルタントとして船井総合研究所を創業、著作多数の船井幸雄を創刊主幹とするオピニオン誌。主幹は船井勝仁氏。
「マス・メディアには載らない本当の情報」をさまざまな分野の超一流の人々が毎月、本音でストレートに書いています。

ザ・フナイ公式はこちら


《特集》 「伝統」と「革新」の融合
◇連載執筆陣 副島隆彦氏、片桐勇治氏、船瀬俊介氏、飛鳥昭雄氏、古歩道ベンジャミン氏、佐藤芳直氏、矢山利彦氏、安西正鷹氏、渋澤健氏、山田豊文氏、はせくらみゆき氏、村中愛氏、滝村桂子氏
◇特別鼎談 【「伝統」と「革新」の融合】堀木エリ子(和紙作家)×舩井勝仁(本誌主幹) 【時代を超えた生き方、意識とは】 Kan.(道人)×舩井勝仁(本誌主幹)

ザ・フナイ 2017年8月号



関連情報

亜麻仁油とは亜麻仁油選び方山田式亜麻仁油
オメガ3健康油についてオメガ3豊富クリルオイル


山田豊文氏と横綱白鵬関の 断食 肉体改造 について雑誌掲載
山田豊文先生著作
山田豊文氏の本


断食ファスティングとは山田式ミネラルファスティングジュース
ファスティングの方法



山田豊文Toyofumi Yamada
杏林予防医学研究所所長。「細胞環境デザイン学」を独自に提唱し、「杏林アカデミー」(2013年開校)、本来あるべき予防医学と治療医学の啓蒙や指導を行う。近著に『死ぬまで元気に生きるための七つの習慣』(山と渓谷社)など。杏林予防医学研究所
杏林予防医学研究所とは

杏林予防医学研究所開発・検定サプリメント


2017年2月5日日曜日

新聞掲載 一流アスリートも愛用高品質アマニ油でオメガ3摂取

一流アスリートも愛用アマニ油でオメガ3脂肪酸をとる

10/31掲載 朝日新聞 元気のひけつから一部引用


最近、スーパーマーケットで売られているのをよく見かける「アマニ油」。昨年、サッカーのワールドカップブラジル大会直前に、日本代表選手の食卓をのぞいた時にもありました。成分に含まれる「オメガ3脂肪酸」を摂取するためだそうです。アマニ油にどんな効果があるのか、注目してみました。
一流アスリートも愛用アマニ油でオメガ3脂肪酸をとる
サッカー日本代表は野菜サラダにかけて食べる。代表の専属料理人である西芳照シェフは「アマニ油に含まれるオメガ3が体にいい」と薦める。スポーツ界ではプロ野球選手、プロゴルファー、陸上選手にも広がっている。奥山治美・名古屋市立大名誉教授(脂質栄養生化学)は「他の食用油と比べて融点が低く、他の脂肪酸に優先して熱やエネルギーに変換されるので、脂肪として体に貯蓄されにくい」と特性を説明する。体脂肪を増やしたくないスポーツ選手に効果的なだけでなく、糖尿病の予防にもいいという。
(中略)

厚生労働省が策定する「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、健康の保持・増進のために、オメガ3脂肪酸を成人1人あたり1日約2グラム取ることを勧めている。アマニ油なら小さじ1杯(4.6グラム)で1日相当分をとれるという。奥山名誉教授は「菜種・大豆などの油の代わりに、アマニ油を増やすことが大事になる」と語る。効能として、「動脈硬化や心臓病の予防になるという研究報告が一部で出ている」。

記事全文はこちら
一流アスリートも愛用アマニ油でオメガ3脂肪酸をとる

日本人の食事摂取基準(2015年版)

亜麻仁油の栄養

亜麻仁油の栄養素は健康に必要なEPAやDHAのもとになるオメガ3系脂肪酸の1種、αリノレン酸やビタミンA、ビタミンB、ビタミンEが豊富な油の王様とその栄養価が高く評価されています。とくに重要な栄養素としてはオメガ3系脂肪酸の1種、αリノレン酸が豊富な事です。さらに未精製の高品質な亜麻仁油にはリグナンというポリフェノールも含まれています。

亜麻仁油情報 

「駆け込みドクター!」特集「認知症最前線スペシャル」で認知症予防に医師もお勧め亜麻仁油

亜麻仁油 選上手なび方と食べ方


亜麻仁油
雑誌で栄養士さんオススメ有機亜麻仁油
はてなキーワード 亜麻仁油
wikipedia アマ

婦人画法掲載の亜麻仁油


2017年1月31日火曜日

オメガ3豊富な無農薬オーガニック亜麻仁油 カナダ産小ボトル

オメガ3豊富な無農薬オーガニック亜麻仁油 カナダ産小ボトル

ニューサイエンス 有機亜麻仁油 カナダ産は、完全無農薬オーガニックの有機JAS農法で育てた亜麻(フラックス)の種子を、低温圧搾した未精製亜麻仁油です。未精製ですから栄養たっぷり、さらに酸化を抑えるため紫外線を防ぐ黒ボトルで遮光しました。

ニューサイエンス 有機亜麻仁油 カナダ産小ボトル


亜麻仁油の栄養

亜麻仁油の栄養素は健康に必要なEPAやDHAのもとになるオメガ3系脂肪酸の1種、αリノレン酸やビタミンA、ビタミンB、ビタミンEが豊富な油の王様とその栄養価が高く評価されています。
とくに重要な栄養素としてはオメガ3系脂肪酸の1種、αリノレン酸が豊富な事です。さらにリグナンというポリフェノールも含まれています。

亜麻仁油には栄養素が豊富ですが、ボトリングした時点で栄養が損なわれていては意味がありません。亜麻仁油は、無農薬など栽培方法をはじめ、低温圧搾で未精製、遮光ボトル入りという点が重要です。

ニューサイエンス有機亜麻仁油

ニューサイエンス 有機亜麻仁油 カナダ産の特徴

「リグナン」が豊富に含まれているため、年齢を感じ始めた中高年の女性や朝のスッキリが足りないと感じる方にもおすすめです。亜麻仁油に含まれるαリノレン酸は体内で、有名なEPAやDHAに代謝される植物性オメガ3系脂肪酸として注目されています。

有機農法・完全無農薬で育てたフラックス(亜麻)の名産地カナダ・アルバーター州のゴールデンフラックスシードを低温圧搾抽出し、未精製はもちろんのこと高級感あふれる黒ガラスボトルで紫外線を100%カットします。※Non-GMO(遺伝子組み換えでない)種子を使用。※添加物、保存料等を一切加えておりません。


「リグナン」が豊富に含まれているため、年齢を感じ始めた中高年の女性や、朝のスッキリが足りないと感じる方にもおすすめです。

カナダ産オーガニック亜麻仁油の産地

ニューサイエンス亜麻仁油の産地動画

亜麻仁油をおいしく召し上がる方法動画

ニューサイエンス亜麻仁油はドクターも愛用


※加熱しないでください。
 直接または、加熱しない料理(ドレッシング等)にお使いください。
 他にも納豆に混ぜたり、パンにつけたり(焼いたパンにつけても栄養素は失われません)
 大さじ1杯(約15ml)にオメガ3脂肪酸が約9200mg

カナダ産フラックスオイルの4つのポイント


1.低温圧搾未精製(ていおんあっさくみせいせい)
低温で圧搾されていますのでトランス脂肪酸を含みません。

2.黒ガラスボトル(遮光性)
太陽光・蛍光灯などの光から油を守ります。油は光で酸化してしまいます。

3.有機JAS認定
無農薬・有機栽培(オーガニック)で作られていますので農薬の心配がありません。

4.高リグナン含有種子使用
朝のスッキリが足りないと感じる方、年齢を感じ始めた女性にも最適です。


この小ボトルは小型のため小家族などでも余らずお使いいただけます。


【原材料】
食用フラックス(亜麻仁種子)


ニューサイエンス 有機亜麻仁油 カナダ産小ボトル


ニューサイエンス有機JAS亜麻仁油【200ml】ニューサイエンス正規販売店
有機JAS亜麻仁油オーガニック無農薬【200ml】正規販売店2本セット送料無料


ニューサイエンス有機JAS亜麻仁油【200ml】ニューサイエンス正規販売楽天店


ニューサイエンス有機JAS亜麻仁油【200ml】ニューサイエンス正規販売ヤフー店
有機JAS亜麻仁油オーガニック無農薬【200ml】正規販売ヤフー店2本セット送料無料

有機亜麻仁油オーガニック無農薬【200ml】正規販売アマゾン店2本セット送料無料


ニューサイエンス有機JAS亜麻仁油お得な大容量【370ml】ニューサイエンス
 

ニューサイエンス 有機JAS亜麻仁油について
 

ニューサイエンス 亜麻仁油公式ページ

亜麻仁油とは
ニューサイエンス 亜麻仁油の詳細

正規販売店ページ

杏林予防医学研究所公式サイト

杏林予防医学研究所について

亜麻仁油 選上手なび方と食べ方


亜麻仁油
雑誌で栄養士さんオススメ有機亜麻仁油
はてなキーワード 亜麻仁油
wikipedia アマ

婦人画法掲載の亜麻仁油


新聞掲載 一流アスリートも愛用アマニ油でオメガ3脂肪酸をとる

亜麻仁油の選び方や製造について


有名アスリート、プロ野球球団、芸能人、経営者など成功者の体調管理に信頼の実績、テレビ・マスコミにも出演掲載、著作多数、栄養学第一人者、杏林予防医学研究所 山田豊文先生の検定品



オメガ3豊富な無農薬オーガニック亜麻仁油 カナダ産小ボトル


血管専門医もおすすめ亜麻仁油・オメガ3効果